本文へスキップ

障害のある人もない人も共に生きる職場・地域を NPO障害者の職場参加をすすめる会


◇電話でのお問い合わせは048-964-1819

ご用命は“NPO障害者の職場参加をすすめる会”へ。

◇地域の困窮や孤立が深まっている現状に対し、雇用と福祉の狭間の身近な仕事おこしを目的に、福祉施設利用者や在宅の障害者の社会参加を兼ねて、本人たちによる定期的な事業所訪問や困窮者等をまじえたグループ・アルバイトを実施し、その経過をホームページやシンポジウム、コミュニティ・カフェ等で発信し、先進地の見学・交流も行って、共に働くすそ野拡大をする事業を推進。
◆2018年春、障害者就労移行支援事業所「せんげん台世一緒(よいしょ)」をオープン。

information   最近のお知らせ新着情報

2019年11月13日
「職場参加ニュース」(2019年11月号)NO.65を発行しました。A4版カラー・10ページで内容は次の通りです。CONTENTS◀共に働く街を創るつどい2019案内(1)  県庁・自治体の障害者雇用は共生・共働社会を拓くか(2)第54回共に働く街を拓くべんきょう会「市役所で働く人たちー正職・非正規・民間・・・その働き方と社会のありかた」報告(4)就労移行「世一緒」の窓から「未曽有の台風19号 避難所初体験」(5) 会費、寄付、協力金ありがとうございました(5)毎日新聞10月8日社会面「障害者就労 定着か共生かー農園の『働く人・場』提供ビジネス」(6)職場・地域ひろがりつうしん(8) すすめる会2019年11月~2020年1月カレンダー)(9)世一緒スタッフ日記(10)
2019年10月31日
年末恒例のシンポジウムの開催――〈省庁・自治体の障害者雇用は 共生・共働社会を拓くか〉 共に働く街を創るつどい2019に向けて。・とき:2019年12月8日(日) 13:00-15:50 (12:30開場)、越谷市中央市民会館5階 第4、第5会議室。 
2019年10月31日
【11/24】バザー新規実施のお知らせ――「2019わらじ大バザー in せんげん台第4公園に向けて――わらじ大バザー 七つの謎」、新しいご案内をUP。
2019年10月11日
【10/13】バザー中止のお知らせ――「2019わらじ大バザー in せんげん台第4公園に向けて――わらじ大バザー 七つの謎」、当日のポスターをUP。
2019年10月07日
《「市役所で働く人たちー正職・非正規・民間・・・その働き方と社会のありかた」(9月13日(金))と題して、ブログにアップ》をリンク
2019年09月13日
「世一緒NOW」14号を発行!ここもクリック
2019年09月13日
◇9月7日[土]、越谷市中央市民会館で報告しました ――「ネットワークSAITAMA21運動 東部地域セミナー 〝NPO✖労働組合”の可能性を見つけよう」 でプレゼン。
2019年09月05日
第54回 共に働くまちを拓くべんきょう会 「市役所の仕事とは? そこで働く人は?―公契約条例とリサイクルプラザから」 ・話し手:山下 弘之さん(越谷市職員組合元委員長)/・2019年9月13日(金)18:30~ 越谷市中央市民会館5階第7会議室/・会費:200円(資料代)/手話通訳有。
2019年09月05日
埼玉「県庁内福祉の店 アンテナショップ カッポ」 を左袖に表示しました。クリックするとfacebookにリンクしています。
2019年09月01日
埼玉障害者市民ネットワークの埼玉:総合県交渉(第一日目、二日目)
2019年08月30日
浦和駅近くを《ちんどんパレード》(2019.08.21)。
2019年08月08日
就労移行「世一緒」の窓から(2019年3月~7月)――「せんげん台世一緒(障害者就労移行支援事業)のページ」◆高瀬勇所長からのメッセージ。
2019年07月25日
「職場参加ニュース」(2019年7月号)NO.64を発行しました。A4版カラー・10ページで内容は次の通りです。
CONTENTS◀2019年度定期総会 本人達の語りで/障害者 雇用――「共に働く」へ進むには/2019年総会記念シンポジウムを終えて/すいごごカフェ7/17~8/19 1時半のゲスト/就労移行「世一緒」の窓から(高瀬所長)/Love Shirakobato情報/職場・地域ひろがりつうしん/カレンダー/世一緒スタッフ日記
2019年06月28日
「世一緒NOW」13号を発行!ここもクリック
2019年06月09日
ブログにUPした「共に働くー「公共」を問う 職場参加をすすめる会2019総会記念シンポ[作成日時 : 2019/06/03 23:22] を紹介。伝田ひろみさいたま市議(障害者の自立と政治参加をすすめるネットワーク代表)の発言も紹介
2019年05月06日
「職場参加ニュース」(2019年4月号)NO.63を発行しました。A4版カラー・10ページで内容は次の通りです。
CONTENTS◀共に働く職場・地域――そこで問われる関係と施策とは? NPO法人障害者の職場参加をすすめる会総会記念シンポジウム――テーマ「障害者が共に働く~職場・地域で何が起こり、何が問われるか」
記念シンポジウムの前に、NPO法人障害者の職場参加をすすめる会の2019年度定期総会を開催します。定期総会 13時~13時50分(事業報告、決算報告、監査報告、事業計画案、予算案、役員改選)、会場は同じ越谷市障害者就労訓練施設しらこばとです(越谷駅東口より朝日バス増林バス停下車)。就労移行「世一緒」の窓から――譲れないもの、譲ったら私が壊れるものは何か(せんげん台「世一緒」所長・高瀬勇)。すいごごカフェの持続と社会的共有のための――語る・聴く・暮らし 検証プロジェクト協力会員募集。すいごごカフェ5/8~6/5。Love Shirakobato 情報。職場・地域ひろがりつうしん。世一緒スタッフ日記。 
2019年04月18日、27日
6月02日(日)開催決定、共に働く職場・地域-そこで問われる関係と施策とは?(NPO法人障害者の職場参加をすすめる会総会記念シンポジウム)。
2019年04月15日
4月12日(金)、映画「『津久井やまゆり園事件』が問いかけたものは…」の上映会――映画「『津久井やまゆり園事件』が問いかけたものは…」のページをUPしました。
2019年03月26日
4月12日(金)18:30〜、第53回・共に働く街を拓くべんきょう会――映画と感想シェア会「生きるのに理由はいるの?『津久井やまゆり園事件』が問いかけたものは……」を開催。
2019年03月21日
3月17日(日)、「障害者制度改革埼玉セミナー Part 10」に参加。
2019年03月12日
「世一緒NOW」12号を発行!ここもクリック
2019年02月23日
2月14日(木)、「共に働く街を創るつどい2018」・自治体への提言を、春日部市・石川良三市長に提出。シンポジウムのページへ】
2019年02月17日
2月14日(木)、「共に働く街を創るつどい2018」・自治体への提言を、草加市の浅井昌志市長に提出。シンポジウムのページへ】
2019年02月03日
1月31日(月)、一社・埼玉障害者自立生活協会(坂本さとし理事長)と埼玉障害者市民ネットワーク(野島久美子代表)の合同会議に参加。
2019年02月01日
1月28日(月)、「共に働く街を創るつどい2018」・自治体への提言を、越谷市高橋市長に提出。シンポジウムのページへ】
2019年02月01日
1月26日(土)、なに? なぜ? 地域福祉計画、緊急勉強会を行います!を開きました――お話:木村俊彦さん(新座市議、元県内初のコミュニティワーカー)。
2019年01月21日
「職場参加ニュース」(2019年1月号)NO.62を発行しました。A4版カラー・10ページで内容は次の通りです。
CONTENTS◀「よ~いどん」(生活クラブの市民事業寄付制度) 200%超達成。ご協力ありがとうございました!/2018年度共に働く街をめざす提言/共に働く街を創るつどい2018を開きました/すいごごカフェ 1/21~2/27 1時半のゲスト/すすめる会カレンダー(2019年1月から3月)/職場・地域ひろがりつうしん/すいごごCafe(2018.10.17 ~ 2019.1.16のゲストの方々)/共にはたらく情報スクラップ/世一緒スタッフ日記 
2019年01月12日
なに? なぜ? 地域福祉計画、緊急勉強会を行います!――2019年1月26日、お話:木村俊彦さん(新座市議、元県内初のコミュニティワーカー)。
2019年01月05日
2016年03月23日(水)~2017年02月20日(月)の活動を再録しました。
2018年12月19日
「世一緒NOW」11号を発行!
2018年12月15日
「シンポジウム:共に働く街を創るつどい2018 」を開きました。⇒シンポジウムのページへリンク
2018年12月03日
「12月1日のこしがや産業フェスタ2018」に出店。
2018年11月12日
第26回職業リハビリテーション研究・実践発表会で報告
2018年11月03日
「職場参加ニュース」(2018年11月号)NO.61を発行しました。A4版カラー・10ページで内容は次の通りです。
CONTENTS◀シンポジウム:共に働く街を創るつどい2018―― 「共に働く街づくり―国・自治体の障害者雇用施策の現状とこれから」、12月9日(日)13時30分~、越谷市中央市民会館4階会議室/当日直前に臨時総会を開きます! 13時~13時20分、会員の方よろしくお願いします。  
/職場・地域ひろがりつうしん――●水辺の市1日みんなの食堂に出店、●県交渉で障害者雇用の実態伝える、●よ~いどん! 市民事業寄付事業で、●越谷市民まつり、買い物やら相談/すいごごカフェ11/7~12/19のゲスト/就労支援事業所「せんげん台世一緒」、岡田農園にて/世一緒NOW立ち読みコーナー/マンガ:「不具合ロボット」/職場参加カレンダー/最近のすいごごカフェ、障害者雇用水増し問題が明るみになった今こそ――お便り/世一緒「スタッフ日誌」 
2018年09月01日
雇用率のまやかし――障害者の雇用実態・労働環境の検証を!
2018年8月31日 +9月1日
埼玉障害者市民ネットワークの埼玉:総合県交渉(第一日目、二日目)
2018年08月23日
「世一緒NOW」10号を発行!
2018年07月31日
NPO障害者の職場参加をすすめる会の恒例の「年2回」のシンポジウム開催が分かるようにUP。
2018年07月12日
「職場参加ニュース」(2018年7月号)NO.60を発行しました。A4版フルカラー・10ページで内容は次の通りです。
CONTENTS◀越谷花火大会夜店 7月28日(土)、水辺の市1日みんなの食堂 8月7日(火)、川風のまち 人と人が出会う夏の夕 出会う出会う。/障害のある人も働きづらさを抱える人も―いま地域で問われる「働き方改革とは」、2018年度定期総会記念シンポジウム(6.3)から。/NPO法人障害者の職場参加をすすめる会2018年度定期総会報告。/職場・地域ひろがりつうしん。/就労移行支援事業所「世一緒」着実に発進。/情報スクランブル。/世一緒スタッフ日記。
2018年7月01日
障害者の職場参加をすすめる会の定款・事業計画など。 各ページPDFへ。
▽2018年6月までのページは「ここをクリックしてください」
▽2016年03月23日(水)~2017年02月20日(月)の活動ページは「ここをクリックしてください

◆以下、ご自分のPCを「125%」に拡大して、読むことをお勧めします。
 ←サイト右上部の「青印」をチェックして!



   △(クリックしてPDFで、拡大して見てください)









2019.11.13


   ◆「職場参加ニュース」(2019年11月号)の全ページは、下をクリックしてください。
   



 2019.10.31




■水増し解消の雇用はどこに帰結するのか
昨夏の「障害者雇用水増し問題」を機に、省庁・自治体の多くは「自力通勤・介助者なし職務遂行」の受験資格や「身体障害者のみ」とする欠格条項を廃止しました。
しかし、昨秋中央省庁が採用した3千人余りの障害者のうち、161人が8ケ月間で離職したことが明らかになりました。その多くは非常勤等の職員と伝えられます。
長年にわたり正規職員として採用されてきた身体障害者については、どのような合理的配慮が積み重ねられてきたのでしょうか。「建設的対話」も不十分なままで、配属された職場の同僚は「負担」と感じ、本人はいづらさが増して辞めてゆくといった悪循環に陥ってはいないでしょうか。
さらに、省庁・自治体の公共サービスの一部は、委託や指定管理の形で民間によって行われています。この公共サービスの現場においても、共に働く環境をどう広げてゆくのかが問われています。

■「過去最高の障害者雇用」と「福祉拡充」の中身とは
障害者とのつきあいを避けながら雇用率だけは達成できるよう、大企業の雇用率を代行する人材ビジネスが急成長しています。そのひとつ㈱エスプールプラスの貸農園は、利用企業250社、千葉、愛知、埼玉で1400人の障害者を「雇用」しているとのことです。
また、一昨年から昨年にかけて、岡山、広島などで就労継続A型事業所570人の障害者を解雇しました。経営破綻が理由とされますが、「うなぎ養殖」と称して金魚すくいをさせたり、「ITの仕事」と称してTVゲームをさせていたといわれます。
ほかに障害福祉サービスでは、就労継続B型、就労移行支援、放課後デイ、グループホームなど多方面にわたり、「半年で元が取れます」などと銘打って人材サービス企業等に向けた新規参入のためのセミナーが繁盛しています。
障害があってもなくても共に育ち、共に働き、共に暮らす社会へ向けての積み重ねではなく、「数合わせ」のため、一時の投資のためだけで、あとは野となれ山となれといったビジネスが横行しつつある状況です。

■省庁・自治体の施策を自らの職場で検証する
省庁・自治体は「大きな事業所」としてあるだけでなく、「施策の担当者」でもあります。
民間がさまざまな障害者を受け止めて共に働く上での環境整備を進め、個々の障害者と共に働くための合理的配慮を行いやすくするために新たな施策を立案したり、既存の施策を運用しやすくすることも、省庁・自治体の役割です。
障害者雇用促進法と総合支援法を柱にした障害者雇用・就労の地域での実態が、「支援難民」と「数合わせビジネス」に行き着いていることを踏まえれば、省庁・自治体が自らの職場での障害者雇用のあり方を見直し、障害のない(とされる)他の職員たちと一緒の職場で共に働くための環境整備と合理的配慮を探ってゆくことは、役所内だけでなく、地域全体の課題となります。

■支援・介助…そして共生 迷いながら手探りを
木村、舩後議員の登場により、厚労省はこれまで切り捨ててきた重度障害者の就労時の介助について、具体的な検討に入ったとされます。「就労中にもトイレに行きたい」というごく当然のことをこれまで「事業主の責務」として現実には否定してきたことの不当性が明るみに出てきました。
障害者雇用促進法の納付金による事業主への助成金にも「職場介助者」の制度がありますが、ごく限定的で「障害者の指示に基づく文書の作成とその補助業務」、「障害者の指示に基づく機械の操作、コンピュータ入力とその他の補助業務」、「障害者の業務上外出の付添い」などしか認められません。申請手続きも厳しく、この制度の存在が重度障害者の就労を阻む口実になっていたといえます。
分けられること、分けること、息苦しい悪循環から抜け出るために、一緒に迷いながら手探りを始めませんか。



 2019.10.31









2019年11月02日更新
◆「2019わらじ大バザー」は、11月24日(日)、午前10時から14時まで、「せんげん台第4公園」で開きます。











2019年10月11日更新

下記の「2019わらじ大バザー」は、大型で猛烈な台風19号が関東に接近すると予想されていますので、残念ながら「中止」いたします。


【10/13】バザー中止のお知らせ【@千間台第4公園】
10/13(日)に予定されていました2019わらじ大バザーは台風の上陸が予想されており、安全な開催が難しいことから開催中止を決定しました。
ご協力いただいた皆さま、お出かけを予定していた皆さまには誠に申し訳ありませんが、なにとぞご理解いただけますよう、よろしくお願いいたします。(わらじの会)




 2019.10.07



   
  ▽全文は下記のブログへ。
  
   (山下事務局長のブログへ)

   2019.10.07



 2019.11.13

   
2019.11.13

【出所】:「職場参加ニュース」(NPO障害者の職場参加をすすめる会、No.65、2019年11月)
  △クリックするとPDFで読めます。







2019.10.07




   
  ▽全文は下記のブログへ。
  
   (山下事務局長のブログへ)

   2019.09.05
   第54回 共に働くまちを拓くべんきょう会

 ・話し手:山下 弘之さん(越谷市職員組合元委員長)
 ・2019年9月13日(金)18:30~ 越谷市中央市民会館5階第7会議室   
 ・会費:200円(資料代) 手話通訳有
    (終了後、時間のある方はファミレスでおしゃべりしましょう)

         NPO法人障害者の職場参加をすすめる会
        TEL048-964-1819  職場参加ビューロー世一緒

 市役所の仕事というと、役所のカウンターで相談を受けたり、その奥で事務を執っているイメージが浮かびませんか?でもこうした事務職のほかに現業職とか消防士とか、さまざまな仕事があります。
 では市役所で働く人は?市職員といっても、正規職員と非常勤職員、臨時職員では働き方・条件がちがっています。市職員ばかりではありません。市役所の仕事の一部は民間企業に委託され、その企業の社員も市役所で働いているのです。
私たちはあれこれと市のサービスに支えられ、市役所で働く人たちと出会っていますが、そこでの働き方は実のところよくわかっていないのではないでしょうか。
 今回は元市職委員長の山下さんから、県内で越谷市と草加市だけが制定した公契約条例、そして委託企業で障害者雇用がなされてきた市リサイクルプラザの事例をお話しいただき、「みんなが共に働く市役所」について考えていきたいと思います。

 なお2日後の9月15日(日) 「第10回 市役所お仕事展」が開催されます(越谷市HP参照)。必見ですね。

   












2019.09.13


   ◆「NOW14号」の全ページは、下をクリックしてください。
   






今日(9月7日[土])、越谷市中央市民会館で報告しました。

2019.09.13

△(クリックするとfacebookのページへ)



2019.09.07
△(クリックするとfacebookのページへ)






   ◆埼玉障害者市民ネットワーク(Facebook)へ




2019.09.01  

△(クリックするとfacebookのページへ)


 2019.09.01

▼ふりかえって(2019年8月29日~30日)

 (2019年8月29日――NO.1)

  △(クリックするとfacebookのページへ)。

  (2019年8月29日――NO.2)

  △(クリックするとfacebookのページへ)。

2018.09.01

▼二日目(2019年8月30日)





 △(クリックするとfacebookのページへ)



 △(クリックするとfacebookのページへ)





 △(クリックするとfacebookのページへ)





 △(クリックするとfacebookのページへ)


2019.08.30



△(クリックするとfacebookのページへ)

2019.09.05

△(クリックすると仲村順さんのfacebookのページへ)


2019.07.25


   ◆「職場参加ニュース」(2019年7月号)の全ページは、下をクリックしてください。
   




2019.06.29


   ◆「NOW13号」の全ページは、下をクリックしてください。
   





2019.04.18、


2019.06.09


    ▽全文は下記のブログへ。
  
   (山下事務局長のブログへ)




   △(クリックするとfacebookのページへ)






 2019.4.27
 共に働く職場・地域-そこで問われる関係と施策とは?
            開催要項
 1. 名 称:NPO法人障害者の職場参加をすすめる会総会記念シンポジウム
   テーマ「障害者が共に働く――そこで問われる関係と施策とは?」



 2. 内 容:昨年度は夏から秋にかけて、省庁・自治体での「障害者雇用水増し問題」がつぎつぎと明らかになり、当会関係者にもマスコミからの取材があいつぎました。その中で、当会が特に強調したのは、かつて1960年に身体障害者雇用促進法ができた時、民間が努力義務とされたのに対し省庁・自治体は義務とされ、その後も民間より高い雇用率が設定されてきたことは何のためだったかについてでした。報道を見る限り、だれもがこのことを当然とみなし、それにふれてはいません。ただ、今後の対応策として、単なる「数合わせ」ではいけないことに関しては、多くの人が一致していました。
 たしかに発足時の状況は「障害者雇用義務」を民間に対しては「努力義務」、そして省庁・自治体では「義務」とし、いわば「数合わせ」を行うことが民間に対して「範を示す」ことでした。
 しかし、その後60年近くが経過し、産業・雇用構造は大きく変化し、とりわけ今世紀に入ってから、課題は多くありながらも民間大・中企業での雇用が広がり、国・自治体の就労支援施策がそれを後押ししてきました。こうした激変の中で、省庁・自治体が民間に「範を示す」ことが問われており、だからこそ「数合わせ」ではいけないと私たちは言っているのです。
 では、どのようにあるべきなのか。まず必要なことは、民間大・中企業での障害者雇用の伸びが、必ずしもさまざまな障害者が他の人々と共に働く関係にはつながりきれないことや、かつて雇用義務とは無関係に障害者と共に働いてきた地域の小・零細企業が苦境に追い込まれてきたこと、さらに障害者の範囲が拡大したことや、福祉施設だが雇用契約を結ぶ就労支援A型事業所が制度化されたことなど、激変の実態と課題を明らかにすることです。
 それらの民間企業や福祉施設等で障害者と他の人々がどのように出合い、つきあいを重ねているか。雇用や福祉の制度は、どう役立っているか。その中から共に働く関係を育めるのか、これから省庁や自治体はどのような支援策を用意できるのか。省庁や自治体は職場であると同時に産業、雇用、福祉をはじめとする諸施策の主体でもあります。それらを踏まえて「範を示す」ことができる存在なのです。昨秋から今春、各省庁・自治体で進めてきた雇用の経験も、そこに生かしたいものです。
 今回のシンポジウムでは、そんな意味での遠近法を駆使して、みんなで考え合いたいと思います。
 3.日 時:2019年6月2日(日)14:00~16:30(受付:12:50~)
 4.会 場:越谷市障害者就労訓練施設しらこばと (〒343-0011 越谷市大字増林5830-4)
 5.会 費:会員500円 非会員700円(資料代)
 6.プログラム
   パネルディスカッション:
   パネリスト:尾谷 英一さん(株ニューオタニ社長)
        伝田ひろみさん(さいたま市議、障害者の政治参加全国ネット代表)
        青柳栄子さん(ワーカーズコープ・東部エリアマネージャー)
        企業で働いてきた障害者(人選中)
        働く障害者の家族(人選中)
        労働組合関係者(打診中)
        支援機関から(人選中)                        
   コメンテーター:越谷市障害福祉課(依頼中)越谷市人事課(依頼中)
   コーディネーター:朝日 雅也さん(埼玉県立大学社会福祉子ども学科教授)
   手話通訳(予定) 駐車場は予約をお願いします
 7.主 催:NPO法人障害者の職場参加をすすめる会
    〒343-0023 埼玉県越谷市東越谷1-1-7須賀ビル101 職場参加ビューロー・世一緒内
 8.後 援:越谷市 ・ 春日部市(予定)
 9.お問い合わせ:
  Tel&Fax :048-964-1819 e-mail:shokuba@deluxe.ocn.ne.jp


2019.03.26

△(クリックするとfacebookのページへ)




2019.05.06


◆ニュースの全ページは、下をクリックしてください。



2019.03.12


   ◆「NOW12号」の全ページは、下をクリックしてください。
   


2019.03.21



△(クリックするとfacebookのページへ)




2019.02.23


△(クリックするとfacebookのページへ)


2019.02.23




△(クリックするとfacebookのページへ)


2019.02.17


△(クリックするとfacebookのページへ)






2019.02.01


△(クリックするとfacebookのページへ)




2019.02.03


△(クリックするとfacebookのページへ)


2019.02.01


△(クリックするとfacebookのページへ)







△(クリックするとfacebookのページへ)





2019.01.21


   ◆ニュースの全ページは、下をクリックしてください。
   






2019.01.12

  △(クリックするとfacebookのページへ)




2018.12.15

  △(クリックするとfacebookのページへ)


 △(クリックするとfacebookのページへ)
(山下事務局長のブログへ)



   △(クリックするとfacebookのページへ)
(山下事務局長のブログへ)



2018.11.21

毎年暮れに開いている「つどい」のチラシ:facebookへ
     ◇最新版(2018.11.21)のご紹介。



△(クリックするとfacebookのページへ)





 2018.12.03

△(クリックするとfacebookのページへ)

2018.12.03

△(クリックするとfacebookのページへ)






 2018.11.12

△(クリックするとfacebookのページへ)







 2018.11.03




◆ニュースの全ページは、下をクリックしてください。








2018.09.15
まだまだ「追及」をしています⇒「山下浩志:facebook」へ。

2018.09.04

△(クリックするとfacebookのページへ)



 △(クリックするとfacebookのページへ)




△(クリックするとfacebookのページへ)


2018.09.01

▼本会の「朝日雅也」運営委員(埼玉県立大教授・障害者福祉)と山下事務局長のコメントを掲載(毎日新聞)


 

△(クリックするとfacebookのページへ)
 

  △(クリックするとPDFへ)

 △(クリックするとPDFへ)
   ➡工事中!




 2018.09.01
▼ふりかえって(2018年8月30日~31日)



  △(クリックするとfacebookのページへ。発言者のお名前と写真が見られます)


2018.09.01

▼二日目(2018年8月31日)


 △(クリックするとfacebookのページへ)
 



△(クリックするとfacebookのページへ)
せんげん台世一緒のページへ



△(クリックするとfacebookのページへ)




△(クリックするとfacebookのページへ)

2018.08.31
▼第一日目(2018年8月30日)

 △(クリックするとfacebookのページへ)
 

 会長の野島久美子さん。

 △(クリックするとfacebookのページへ)


 △(クリックするとPDFで拡大します)









 2018.08.26

◆「世一緒NOW」の全ページは、下をクリックしてください。



 2018.07.31




◆ニュースの全ページは、下をクリックしてください。



 




定款                       [PDF版

2017年度事業報告                [PDF版

2017年度収支報告                [PDF版]  

2017年度就労移行支援事業準備室会計報告     [PDF版

2017年度貸借対照表               [PDF版

2017年度財産目録                [PDF版

2018年度事業計画                [PDF版

2018年度収支予算                [PDF版

2018年度就労移行支援事業収支予算          [PDF版

2018年度理事・監事一覧                PDF版

△以上全文                            PDF版

                                  △第17回定期総会(2018.6.3)




店内イメージ

INTERNET JIGYOUDAN店舗情報

手島繁一のページ

インターネット事業団のページ

http://e-kyodo.sakura.ne.jp/